近畿視覚障害者情報サービス研究協議会
    (近畿視情協)

  ここは近畿視覚障害者情報サービス研究協議会、通称「近畿視情協」のページです。
  近畿視情協は、近畿地区の視覚障害者情報提供施設である点字図書館と
  公共図書館からなる組織です。
  おもに点字図書、録音図書の製作や貸出といった障害者サービスにおいて、
  情報交換や相互協力をおこなっています。
  このページは近畿視情協の活動を紹介するとともに、図書館の障害者サービスに
  役立つ情報を皆様に提供していきます。



研修 「災害時のとっさの判断 − まちなか被災シミュレーションから考える事前準備 −」

  ここ数年、自然災害による被害が増えています。今年は大阪でも地震と台風の被害がありました。
  災害時に、自分の身を守りつつ、公務員・福祉施設職員の立場から、支援者としてどのように判断し行動するか、
  また、事前に準備しておくべきこと、などを考えたいと思います。
  ご興味をお持ちの方には是非ご参加ください。

  日時  平成30年9月27日(木)13:30〜16:30
  場所  日本ライトハウス情報文化センター
  講師  椎名 保友 氏 ((特非)日常生活支援ネットワーク コーディネーター)
  参加費  500円(当日お支払いください)

  申込み方法  お名前、所属、連絡先を明記のうえ、9月25日までに近畿視情協事務局まで、お申込みください。
  ※ 加盟館所属のボランティアが参加される場合は、加盟館で取りまとめて申し込んでくださるようお願いします(参加費は無料です)
  主催:近畿視情協 図書館サービス委員会



講演会を開催しました

  日時:平成30年8月21日(火)14時〜16時
  場所:日本ライトハウス情報文化センター
  テーマ:「触欲から触力へ 〜 表現者・鑑賞者の立場から」
  講師:小原 二三夫 氏(日本ライトハウス情報文化センター職員)
  内容:平面・立体での鑑賞の仕方 
      彫刻制作過程
      彫刻をはじめたきっかけ
      触読苦手意識克服の方法 など



総会・研修会を開催しました

  日時:平成30年6月6日(水)午後1時30分〜4時30分
  場所:日本ライトハウス情報文化センター(大阪市西区江戸堀1−13−2)
  
  【平成30年度総会】
   議案:1.平成29年度事業報告
       2.平成29年度決算報告、監査報告
       3.役員改選
       4.平成30年度事業計画について
       5.平成30年度予算について
  【研修会】
   テーマ:「二つの調査から見える図書館の障害者サービスの現状と未来」(仮題)

   報告1:「公共図書館における障害者サービスに関する調査研究質問紙調査」の調査結果について
        講師  国立国会図書館関西館 担当者
   報告2:「平成28年度実態調査『日本の点字図書館33』」の調査結果について
        講師  原田 敦史 氏(堺市立健康福祉プラザ視覚・聴覚障害者センター 点字図書館長)



平成30年度 障害者サービス基礎研修会を開催しました

    日時:平成30年5月24日(木)13:00〜16:30
    会場:神戸市立点字図書館(神戸市中央区橘通3−4−1 神戸市立総合福祉センター内)
    内容:障害者サービス概論、様々な障害者用資料、サピエ図書館、視覚障害者向け機器、他


  次回の委員会
        委員会に参加ご希望の方は、近畿視情協事務局までご連絡ください。
    図書館サービス委員会
       
※ 午後の研修会はどなたでも参加できます。
          ご興味のある方は近畿視情協事務局へご連絡ください。

    録音製作委員会
    点字製作委員会


  LL版図書館利用案内『ようこそ 図書館へ』

 ● 「LLブック・マルチメディアデイジー(DAISY)資料リスト」

 
 
前年度の活動報告

  今年度の活動計画

  委員会のページ

     図書館サービス委員会

     点字製作委員会

     録音製作委員会

 ● 販売など

     カセットテープとCD−Rの販売

  
   NLB(点字・録音図書 新刊案内)の購読

 ● 加盟館
 
 ● 近畿視情協とは(ご案内)

 ●
 近畿視情協の歩み

 ● 会則

 ● 関係機関へのリンク集

 ● お問い合わせ(近畿視情協事務局)