近畿視覚障害者情報サービス研究協議会
                  (近畿視情協)

                                                                             近畿視情協トップページへ戻る

  ◆ 平成28年度活動報告 ◆

1.総会
  日時:平成28年6月16日(木)13:15〜14:30
  会場:日本ライトハウス情報文化センター(大阪市)
  出席者:当日出席12館(14名)、委任状提出24館、合計 36館
  議案:1 平成27年度事業報告
      2 平成27年度決算報告、監査報告
      3 役員改選
      4 平成28年度事業計画について
      5 平成28年度予算について
  ※ 総会終了後、熊本地震での被災視覚障害者支援活動についての報告があった。
      報告者 原田 敦史 氏(堺市立健康福祉プラザ 視覚・聴覚障害者センター点字図書館長) 

2.研修会
(1)障害者サービス基礎研修会
  日時:5月26日(木)13:00〜16:30
  会場:大阪市立中央図書館
  内容:1.近畿視情協の活動について
          服部 敦司(事務局長、枚方市立中央図書館)
      2.視覚障害者サービス概論
          襟川 茂 氏(元・京都ライトハウス情報ステーション)
      3.国立国会図書館における視覚障害者等への図書館サービス
          廣田 美和 氏(国立国会図書館関西館)
      4.様々な障害者サービス用資料とその提供方法―サピエ図書館等の活用―
          東 泰江(図書館サービス委員長、大阪市立中央図書館)
  参加者:9名

(2)総会後研修会
  日時:6月16日(木)14:45〜16:30
  会場:日本ライトハウス情報文化センター
  テーマ:「差別解消法施行後の公共図書館のサービスについて」
  講師:杉田 正幸 氏(大阪府立中央図書館)
  参加者:24名

(3)ボランティア・職員研修会
  日時:12月7日(水)10:00〜16:30
  会場:玉水記念館(大阪市)
  内容:全体会
        テーマ「先進的な点訳・録音グループの活動に学ぶ」
        発表 点訳ボランティアグループ連絡会(兵庫県)
            ロバの会(京都府)
        意見交換
     録音分科会
        テーマ「校正を考える」
        講師 熊谷成子 氏(元・静岡県点字図書館)
     点字分科会
        第1部 講演「点字とマラソンで切り開く私の人生」
             講師 和田伸也 氏(大阪府視覚障害者福祉協会)
        第2部 「点訳ボランティアと職員による情報交換会」
  参加者:175名(全体会116名、点字分科会34名、録音分科会129名)
  ※ 外部の点訳・音訳ボランティアグループにもメールで案内を送信した。

(4)図書館サービス委員会主催の研修会(別掲)
  2ヶ月に1度開催する図書館サービス委員会の午後の部で開催。
  外部の図書館関係者・機関にも広報し、広く参加を呼びかけた。
  一般参加者は有料(500円)とした。

(5)職員研修会
  今年度は職員研修会は開催しなかった。

3.運営委員会
 第1回 日時:6月1日(水)10:00〜12:00
      場所:日本ライトハウス情報文化センター
      出席者:役員(会長、副会長、事務局長、運営委員)、監事、委員会委員長、計9名(欠席1名)
      議題:1.27年度事業報告・決算について
          2.28年度役員について
          3.28年度事業計画・予算について
          4.総会運営について
          5.総会後の研修会について

 第2回 日時:10月4日(火)14:00〜16:00
      場所:日本ライトハウス情報文化センター
      出席者:役員(会長、副会長、事務局長、運営委員)、監事、委員会委員長、計9名(欠席1名)
      議題:1.28年度上半期活動報告
          2.ボランティア研修会(12月7日)について
          3.職員研修会について
          4.その他
             ・29年度全視情協大会(大阪開催)について、など
 第3回 日時:29年3月2日(木)14:00〜16:00
      場所:日本ライトハウス情報文化センター
      出席者:役員(会長、副会長、事務局長、運営委員)、監事、委員会委員長、計8名(代理出席含む。欠席2名)
      議題:1.28年度事業報告(概要)
          2.28年度決算見込みについて
          3.29年度役員について
          4.29年度事業、予算について
          5.平成29年度の総会について
          6.その他
           (1)新刊案内録音版の製作について
           (2)点字雑誌の分担保存について

4.委員会活動
  (各委員会のページにリンクしています)
(1)図書館サービス委員会
(2)録音製作委員会
(3)点字製作委員会

5.他団体との協力
(1)「第12回LLブックセミナー」への後援
    日時:29年1月8日(日)13:00〜16:30
    場所:大阪市立中央図書館
    主催:知的障害・自閉症児者のための読書活動を進める会、他
    内容: @ 知的障がい者の図書へのニーズ(調査報告)
            藤澤 和子 (大和大学保健医療学部 教授)
        A LLマンガへの道 ―マンガはわかりやすいのか?
            吉村 和真 (京都精華大学マンガ学部 教授)
        B 図書館におけるわかりやすい情報・資料の普及をめざして
            野村 美佐子(国際図書館連盟障害者サービス委員会 議長)
        C LLブックやマルチメディアDAISYの展示・実演
    参加者:約70名

6.その他
(1)新刊案内
    毎月発行。墨字版は、印刷物の郵送を取りやめ、PDFファイルとテキストデータをメールで送信。
    音声デイジー版はCDを郵送(点字用郵便)。
    テープ版は早川福祉会館でコピー・発送作業を行っている(希望施設のみ送付、現在22館)。
    外部購読は10施設・団体と1個人、墨字版2・テープ版2・CD版8である。
    加盟館向けに、過去分の情報もデータベースとして更新している。
(2)カセットテープの斡旋販売
    年間売上 90分テープ 1,900本
           60分テープ  300本
(3)ホームページ
    http://www.lnetk.jp/ を随時更新し、外部への情報発信に努めた。
(4)会員数
    年度内の入退会はなく、加盟は43館である。

以上